ながせデンタルクリニックのコラム

2018.10.01

当院の歯科衛生士向け最新勉強ページ(新バージョン)

このページを偶然にヒットしてご覧になられている皆さまへ。   当院では、スタッフが最新の知識を習得できるように、 日々励んでおります。他の歯科医院とは、まったく違う次元の勉強をしております。 これより下の記事をお読みになられても、まったく理解が出来ないと思います。 申し訳ございませんが、ここでご退出くださいませ。歯科関係者の方もお読みになられても、難解過ぎて理解可能なレベルではありません。当院で高度な教育と知識を習得した歯科医師や歯科衛生士にしか理解不可能です。


平成30年12月17日。

 

今日のテーマは、

う蝕予防の考え方を、患者様につたえる。

 

最新の虫歯予防についての考え方。

あるいは、それぞれの影響度。(重要度)

ミュータンス菌の感染時期に関しては、どのように虫歯に影響するか。

歯磨きは効果大?

あるいは、キシリトールガムの効果は?

食事習慣の影響は?

フッ素の影響は?

折角、沢山勉強してきました。

 

3つ前の宿題がありましたよね。(下記参照)

それぞれの項目についてどうなのか?

各項目について、

「影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし」

 

というのがありましたよね。

 

じゃ、患者さんにそれを説明するという難題において、いかにするか。

下記のを全部説明しますか?

日が暮れますよ(笑)

自分が理解できたとしても、患者様にどう伝えるかという難題が残されていますよね。

 

そこで、診断書として印刷物としてお渡しできる、例のソフトウェアが大活躍するんです。

慣れれば簡単です。

 

虫歯が多いとお悩みの患者さん。

是非説明してみてくださいね♪

 

もうウチにご来院いただいている患者様には、、

虫歯を絶滅しちゃったってください(笑)

 

あと、ミュータンス菌への感染年齢の虫歯の発生に対する影響。

これに関して、僕は何故影響力が低いという意見を持ち続けていたか。

あと、キシリトールの効果について、今まで何故あのような意見を述べていたのか。

論理的に考えられていることを、感じてほしいです♪

 


 

平成30年12月12日。

ここまで来た時に、院長は人工甘味料が安全だと主張し、

かなりの推進派なのと思ったかもしれません。

別観点からも、逆方向からも、考えを巡らせてみたり、

信用に足る文献を読んでみたりするわけです。

(今日の公衆衛生学の准教授の文献です)

 

代替甘味料に関しては、我々にとっては、

「う蝕予防」という観点と、

「体の健康」という両方の側面から見なければならないので、

少し話がややこしいですね。

 

う蝕予防しか頭になかったら、糖アルコールや、非糖質系甘味料のほうが絶対に良いわけですから。

 

患者さんにも一方的に、う蝕予防の観点しか考えないとすれば、糖質甘味料より代替甘味料のほうがいいです。

なんて勝手なことを言ってしまいそうですよね。

 

とにかく、まだ不明な点が多く、今後の研究が待たれるところになってきますよね。

人工物否定派の人の意見では、代えって糖尿病リスクが増えてしまうなんて、そっちの意見だけを引用し、

主張し、ネットに書き。否定しているのですよね。

 

欧米での研究も人工甘味料の体に対する影響については賛否両論、両方の結果が混在するということを、まず忘れてはならないです。

 

私がやったダイエット法に関しても、完全に誤った認識だったのかもしれません。

食前にゼロカロリーコーラを飲んで、腸の糖の吸収を活性化し(笑)

その後にご飯を食べるという(泣)

最低だね。。

そんなことしている暇がありゃ、適度な運動をすればいいんだよ。と、どうぞツッコんでください(笑)

 

血糖値を上げにくい食品である、「低GI値」の食品 ←今日話題にでた全粒粉パスタ等。。(;^_^A

低GI値食品に関しても。

高校の同級生の内科医に聞いてい見ても、「低GI値」の食品のダイエットに関しては、

ちょいと否定的な意見を聞きました。

 

世の中には、偏った情報や、間違えた情報が沢山あるということですね。。

 

もし、患者様に甘味料に関して質問を受けたとき。

もう大丈夫ですよね。

 

厚生労働省のお偉いさん方たちは、とっても偉いんです。

単純な考えによって、あのページを作っているわけではありません。

 

私も今回は大変勉強になりました。

知るということは楽しいですよ。

学生の時に、スクロースとかいう名前を聞いても眠気しか襲ってこなかったかもしれませんが(笑)

 


 

平成30年12月10日

 

患者さん、「キシリトールは歯にいいんですか?」

歯科医院スタッフ、「いいですよ。」

とほとんどの歯科医師や歯科衛生士が答えるであろう。

そう素直に答えない、ややこしいクリニック。

そう!それが「ながせデンタルクリニック」ってヤツですよね。

ややこしい医院やなぁ(笑)

桁違いの知識を習得した今。

もはや素直にはなれないはず(笑)

ごめんね。

 

仕事の流儀です。

 

まず、虫歯予防にとって、ミュータンス菌の数と食生活習慣。

どちらが、影響力が大きいか?

18年間歯科医師をやってきて、臨床をしながらも自分自身も考えてきたことですが。

当然論文や報告もあるわけですよね。

自分の見てきたことや疑問と論文の結果が合致するわけです。

自分の考えが裏付けられてちょいと嬉しいのですが。(確証バイアス働いてる?(笑))

 

私は30年間、カリエスがありません♪

 

話は変わります。

 

危険性についてどう考えるか。

これはとっても難しいお話。

 

天然=良

人工=悪

を論ずる人とは、相容れません。

 

スクラロース。

スクロースと違って危険?

スクラロースは天然由来と言えます。

スクロースにClを一個くっつけたら、スクラロースになるんですよね。

ちなみに塩ってやつは、Na(ナトリウム)にClがくっついた物質です。

化学式は、NaClです。

(NaとClは、単体では両者ともに非常に危険な物質であるとうことは、他頁に書きましたよね。)

 

スクラロースも、

スクロースを原料としているからには、ある意味天然素材ですね。

 

スクラロースとアスセルファムKでしたっけ?(名前うろ覚え。)

これが、ゼロカロリーコーラに含有している甘味料だったはずです。(最近はゼロコーラも美味しいですね。)

 

先にも書きましたが、天然木にもホルムアルデヒド等の発散はあるわけです。

天然=良って論ずるのは、あまりにも浅はか。

天然物質にも、世の中には毒性のあるものも沢山ありますしね。

 

Oさんに少しお話しましたが、なんでも程度問題。

ある程度建材中のホルムアルデヒド量を規制し、

住宅に24時間換気の設置を義務化し。

健康を損なわないレベルには持っていく。

そして、その法規制の解釈も少しづつ改変していっているのです。お上は。

 

だから、今のお家やマンションに必ず24時間換気ってヤツがついているんですよ。(義務なんですよ)

しかも切スイッチがないという(笑)(ご存知でした?)

 

話は脱線しました。

 

フッ素塗布での事故報告を聞いたことがありますでしょうか?

フッ素塗布を歯科医院で受けて、事故があった報告を。。

 

食塩の中毒死事件は一件聞きましたよね。

それも一件だけですが。

保育園で一歳児に大量の食塩を摂取させ、中毒死を起こした事件。

9月には、保育所にも有罪判決が出たそうです。。

 

鎮痛剤の摂取での死亡例はありますよね。

じゃ鎮痛剤はもう絶対に飲まない?

それは、それでお好きにどうぞ(笑)

 

日本で交通事故の死亡例は減っています。

もう年間で8000人も下回ったかな?

鎮痛剤の摂取よりも、交通事故死亡人数の方が多くないですか?

じゃ、私は街中を歩かない、車にも一切乗らない?

じゃ、お好きにどうぞ(笑)

 

例えば、冬場にヒートショック等の入浴に関連した事故死が、

日本で年間に8000人ほどいるそうです。

じゃ、私はもう風呂には入らない?

もはやお好きにどうぞとはいえません(汗)

 

じゃ、鎮痛剤やフッ素塗布で年間8000件も事故があるのでしょうか?

塩を食べて、年間8000件も事故があるのでしょうか?

 

フッ素はじゃ安全だって言いきれるんですか?(笑)

私には言い切れませんから。

これこそ悪魔の証明ですよね。

 

街中を歩いてて危険性がないかどうか。

これも安全だとは、私には言い切れません。

風呂に入って安全だとも言いませんよ。

 

薬害肝炎の問題もそうですが、

未知の領域で危険性があることは、絶対に否定はできないんですが。。

 

しかし、これからは寒い季節です。

脱衣所は暖かくして、急激な温度変化に体を晒さないようにはしましょう♪

車に乗る際や、自転車に乗る際にも、「お気をつけて」とは言いますが♪

 

私は、火星人はいないと思うのですが。。金星人もいないと思っているのですが。。

いないことを私が証明しないといけないですか?(泣)

 

じゃ、いることを証明してよ~~~。

もう。

 

少なくとも、医療人の立場としては、論理的でなきゃいかんわけですよ。

プライベートとは分けてくださいね。(プライベートでは火星人は居ると思っていただいて結構です(;^_^A)

 

厚労省の言う通り、

食間のお菓子等の加工食品に関しては、

代用甘味料をつかって、味も美味しくした食品が提供されているわけです。

これを勧めるのは、頷けます。

 

これ以上言うと、変な話に発展しそうなので、

そろそろヤメマス♪

僕の言わんとしていることは、察してくださいね。


 

平成30年12月7日

 

う蝕予防って、何が大事なのか。

そろそろ見えてきましたよね。。

 

専門家ですら、学生時代の勉強を鵜呑みにして(笑)

確証バイアスすら作用して(笑)

子供に熱心にキシリトールのタブレットを与えても。。(ごめんなさい)

キシリトールガムのCM。

うたい文句が、虫歯菌を減らす効果がありますと。

「虫歯が減る」と言っていないあたりがミソ。

 

あと、「虫歯にならない」と「虫歯が減る」という表現が似て非なるものであると。

こういう、理解はとっても重要。

 

以前から私は皆さんに、キシリトールの予防効果については、○○なことや××なことを言って(笑)

この院長なにを言っているんだろうと、にわかに疑問に感じていらっしゃったかもしれません。

 

今となっては、その意味合いがよーーく理解できてきたかもしれませんね。

 

さて、ここで宿題です。

 

虫歯予防に対する影響力。

 

プラークコントロール     影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

フロス等の歯間清掃用具    影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

ミュータンス菌の感染年齢   影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

食後にキシリトールガム摂取  影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

フッ素入り歯磨剤の使用    影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

歯科医院でのフッ素塗布    影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

プロバイオティクスの使用   影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

食生活習慣          影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

唾液の量           影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

唾液の緩衝能         影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

歯磨剤の殺菌剤(笑)     影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

フッ素洗口          影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

代用甘味料の使用       影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

歯ブラシの形態(笑)     影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

歯ブラシの握り方       影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

患者様の正しい理解      影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

歯磨きタイミング       影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

就寝前の糖分摂取       影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

就寝前の授乳(乳糖に関連)  影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

哺乳瓶の不適切使用      影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

ゼロコーラ(笑)       影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

市販洗口剤          影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

PMTCを受けること      影響力大・影響力中・影響力小・ほとんど影響なし

 

もうほぼ即答で答えられるのではないでようか。

 

医療人にも、本当の真実はわかりませんよ。

しかし勉強していくと、より真実に近いところが、少しづつ見えてくるのではないでしょうか。

より真実に近いものを追求していく姿勢。

これは医療人としては、とても大事なことです!!!!!!!!!

 

ソルビトール等は、歯磨剤によく配合されています。

歯磨剤や、食品に関しても、日ごろから表示成分をよく読む習慣をつけ、慣れ親しんでおきましょう。

そうすれば、あの受け入れがたい片かなの羅列(笑)もちょいと脳の拒否反応も減るでしょう(笑)

 

http://satisfied.in.net/stevia1/

等、色々と見てみるのもよいかもしれません。

若いころ、ポカリスエットステビア大好きだったんですが汗

 

次のやつはちょっと内容はどうかなと思いますが。

http://zendamakin-fuyasu.com/stevia/

こんなページとか。

悪魔の証明ですか(笑)楽しいページです(笑)

 

悪魔の証明とは。

「起きないこと」や「存在しないこと」を証明することは困難です。なぜなら、「ある(存在する、起きる)」ことを証明するためには一例を挙げれば良いだけなのですが、「ない(存在しない、起きない)」ことを証明するためには、世の中の森羅万象を調べ尽くさなければならず、それは不可能に近いからです。

ゆえに、議論の一般的ルールとして、「ある」と主張した者が、それを先に証明しなければならないという暗黙の了解があります。
「あなたが先に『ない』ことを証明せよ、さもなくば『ある』のだ」と主張する詭弁を「悪魔の証明」と呼びます。

 

「貴方が先に危険性がないことを証明せよ、危険性がないことを証明できないのなら危険性はあるのだ!」

と主張する詭弁を「悪魔の証明」と呼びます(笑)

 

もうちょっとだけわかりやすくいいましょうか。

「火星人はいないっていうんだったらそれを証明してみせよ、できない?

ほら、やっぱ火星人はいるってことだよ」(笑)

 

今日の山田先生のページ出てきた言葉。

風が吹けば桶屋が儲かる。

この意味について、理解してほしい。

 

引用元ページ:論理的思考力と議論。

 


平成30年12月5日。

 

添加物=悪

天然もの=良
という風潮には、絶対に惑わされないでください。
どんな物質にも、良い量と悪い量ってのがあります。
普段から説明しているように、塩にだって、有害な量ってのがあるものです。
添加物=悪、化学物質=悪と決めつける有害論者ってのは必ず居ますよね。
少し前ですが、「シックハウス症候群」なんてものが世間で話題になったことがありました。
お家を建てる時の建材や接着剤等に含まれる「ホルムアルデヒド」やその他物質により、
健康障害を引き起こしたというもの。
現在では、建材においてはホルムアルデヒドの含有量などが、規制され表示義務まであるようですが。
天然素材のお家なんてものがあるんですね。
総天然素材。
化学物質は一切使用しないという。
添加物有害論者は、ひょっとすると、天然素材の家に住めば、最高に安心して住めるお家だと満足するかもしれませんが。
天然木にも、実はホルムアルデヒドの飛散があるんです。
このことについては、目にもとまらないというか。
まったく呆れたものです。
世の中には分かっていないことも、わかっていることも沢山あるんです。
ひょっとしたら有害なものもあるかもしれないし。
害はないかもしれない。
先日お伝えした、確証バイアスといったものを取り除き、
常にクリティカルシンキングを行うことは、
我々医療人としては必要なことといえます。
人工甘味料のサッカリン等は、さっきネットでチラホラ見てても、
書いてあることが、そのページによって全然違う(;^_^A
甘味料について、ネットで見ますと。
ありとあらゆる甘味料が、ネットで叩かれまくっている。
もうそれは恐ろしいレベルですね。
サッカリンの苦みもそうですが。
味や料理に使う利便性や、習慣も含めて。
こういった安全性の面でも、代用糖についてはあまり使われない一因になっているのでは?
まぁ、とにかくこれから代用糖についても学習し、
論理的にものを考えていくことが大事になります。
また、温度やPHによる代用糖の安定性の違いはあるようです。
アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)のように、水分で加水分解するような性質のものもあります。
厚生労働省のリンクを貼っておきます。
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-02-013.html
これに関しては、先ずちょっとだけでも読んで理解するべきです。
また近々に、もっと面白いのをみつけましたので紹介します。
また、やはり食後に食べるのと、食間に食べるのとで違いがかなり起こるようですね。

 

 


平成30年10月3日

なんかとってもハイレベルかつマニアックになってきましたよね。。

良い傾向です(笑)

ちょうどいいところに、またIDBが送られてくる。

あのやわらかーいヤツね(笑) かなりタイミングがいいね!   今度は、ご丁寧にデータまで添えてきていただいている。

自信があるならデータの原本をよこせー! と言いたくなります。

 

○○大辞典というテレビ番組。 納豆を食べたら痩せるかどうか実験。 一カ月後に体重を体重を計られる。 と言われたとしましょう。 納豆以上に、女性であれば、一カ月後に向けて気をつけるのではないでしょうか。   しばらくしてプラークスコアを計られるんですから、そもそも歯磨きを頑張りますわな(笑)

例のシステマティックレビューで フロスですら、倒すのが難しいIDB。 IDB最強説もあるくらい。   ちなみに現在はEUと日本では soft rubber inter dental brushなるものが販売されておりますが。   アメリカでも売ってみろってんだい♪ 中国でもあるようですね。。(院長ネット調べ(笑))

新人選手の○○歯間ブラシが、実績のある選手であるIDBとおんなじ成績を出せるなんて、とっても信じがたい。   あのデータを見て思うのは。 やらないよりゃ良いってことぐらいかな。   しかもアレを信じるくらいなら、今日からフライパンとお皿はゴム手袋の表面で洗ってくださいね(笑) 歯間ブラシはフロスに対しても優位に立てるのは、ブラシであるが故だと個人的に解釈しております。 メーカーの出したデータ。これほど疑わしいものはありません。基本ですっ!基本!

 

ちなみにリンクしときますけど! リンク

英語だけどね(笑) ちなみに、こっちのリンクはサンスターのやつね♪ 発見したよ。さらにちなみに2014年のものですが。

ちなみにリンク先の棒グラフ。 あのRIBCってやつが、やわらかーいラバーのやつね。 ご参考に。

わからなかったら、また解説しますね。

でもね、これはただの学会発表であり、論文ではないのですが。

 

この成績を見ると、なんだか良く思えてくるな、しかし。。(笑)


平成30年10月1日   Nさんに関しましては、 大阪広しといえども、Nさん以上に歯磨剤について詳しいかたは、もういらっしゃらないと思います。 (かなり本気で言ってます。)   だって、世の中のレベルって、歯科医院と市販のヤツでF濃度が違うんです~。 とまぁそんなレベル。   これは、学生時代に系統だった歯磨剤に関する教育が存在しないのも要因ですが。 我々はライセンスを持ったプロです。   Oさんとは、これからまた同じ学習をしていきましょう。 しかし、Oさんの思考も、当初とは変化してきていて、私的にはニヤリとしているところです。 これからですよ♪   EBMの基本原則については、まだ理解されていないと思います。 IDBに関して、かなり信頼性の高い論文を一篇読んだとしましょう。   とある一篇の論文には、IDBがフロスに関して有効であると。 じゃ、この結果は正しいのか。 おそらく正しいものと考えます。   それでは、患者さまに明日からフロスを勧めずに、IDBを勧めてみましょうか。 こういう単純な思考回路では絶対にダメということですよ。   1:患者さんによって適している適していないのがあるのでは。 2:あの論文の結果はどの人種?どの国?先進国?発展途上国? (現に、最先進国の若者でPMTCを行った時に、両群で差が出ないとかありましよね(;^_^A) (歯間清掃用具は日本人の場合はしていない人が多いので結果が変わると思いませんか?) 3:結果に差があっても、エンドポイントは何?(フロスとIDBのわずかな差で、歯周病を予防することに影響するのかどうか) 4:他の信頼のおける論文の結果はいったいどうなっているの? 5:費用対効果は? 6:他の歯間清掃用具との比較は? 7:そもそもフロスもIDBもしていない人と比べたらどうなる?   システマティックレビューは考える一助になることは間違いありませんよね。 最近よく言いますが、自分の考えに都合のいい根拠だけピックアップすることは、 詐欺師の手法ですからね(笑)   エビデンスを得たときに、実際に患者さんにその結果を適用させる場合に、 もう一回思考が必要になること。 これだけは絶対に忘れてはなりません。   絶対に覚えておいてくださいね。   いやいや、ちょっとまってくださいよ。 もう難しすぎてなんやら、頭が破裂しそうなんですけど?(笑)   安心してください(笑) 私も偏屈だった頭を柔らかくするのに時間がかかりました(;^_^A しかし、こういったトレーニングを積み重ねることによって、 そのうち自然と思考力が身についていきますから。 信じてくださいね。   以上


 


コラム一覧
診療時間

診療時間
月木金 20:30まで

AM ×
PM × ×
× × × ×

AM:9:30〜13:30
PM:15:30〜19:30
夜間:19:30〜20:30
※水・土午後は19:30迄
※火は午後休診
※日祝祭日休診

アクセス

駐車場4台あり
市役所北200m

大阪府箕面市西小路2丁目7-21
ジャンティ箕面1F

アクセス方法はこちら

お問い合わせ
電話:072-725-0007

診療時間(月〜土)

9:30〜13:30/15:30〜20:30
※水・土午後は19:30迄
※火は午後休診
※日祝祭日休診

お問い合わせ
モバイル

携帯サイト

携帯QRコード

携帯サイトへのアクセスはこちら


採用情報
歯科衛生士募集

ながせデンタルクリニックは、患者様の満足を実現する最大の要素は、スタッフが楽しく、喜んで働ける環境作りにあると考えています。

歯科衛生士さん募集

ページの先頭へ戻る ▲